,

出口 知史(プロ経営者)

 

(※これまでお仕事をご一緒した方々の中で、プロフィールご紹介について了解をいただいた方を掲載しています。)

東京大学大学院工学系研究科修了後、経営戦略コンサルティングファームのコーポレイトディレクション、ダイヤモンド社(『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』編集部)、産業再生機構(プロフェッショナル・オフィス)、グラクソ・スミスクライン(経営企画部)、メットライフアリコ生命保険(戦略企画部)および複数の投資ファンドに勤務。

投資ファンドやコンサルティングファームでは投資先企業・クライアントに直接入り込んだり経営に参画したりし、再建・成長させることを主な業務としていた。

2007年より慢性的な営業赤字に陥っていた老舗の健康器具メーカーで常勤取締役を務め、1年で恒常的な黒字体質にへ変革させ、その後3年にわたり連続で成長させた。同様に2015年より5年連続業績悪化中であった老舗の事務機器メーカーにおいても、常勤取締役として大幅な利益改善を実現させた。

<著書>

「困った人」の説得術

東大生に45分で教える「技術戦略の基礎」~企業再生の現場から

経営学は、生き残るための教養だ!東大生が実際に学んでいる戦略思考の授業


知って損はない、働き続けるための心がけ


理論思考の「壁」を破る


東大生に45分で教える「企業が戦略実行と判断を誤るメカニズム」 ~企業再生の現場から

ページ上部へ戻る